うちの子(猫)日誌2

6匹のニャンズとのドタバタな日常を紹介します。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子猫を拾ったァー!!!

拾い猫2010-5-16
ひと月以上ぶりの更新となってしまいました。
この間仕事が変わり、忙しくてなかなか更新できませんでした。
まあ、そんなことはおいておいて、

ついにとっても恐れていたことが起こってしまいました。
子猫を拾ってしまいました。
それは5月16日 日曜日のお昼前に起こってしまいました。
気分転換の散歩に歩いて30分ほど先にある、いつも行く公園に妻と一緒に行きました。
そこは以前ミケを拾った公園でもあります。

林の中の歩道を歩いていると、とっても怪しい段ボール(上記写真の箱)が歩道の少しわきに置いてありました。
とっても嫌な気がしたのですが、何かに惹かれるように段ボールのそばに行って、中をのぞいてしまいました。
「やっぱり」
中には、まだへその緒のついた子猫が3匹入っていました。
動いてはいましたが鳴いてはいませんでした。(のちにそれは弱っていたために鳴く力も無かったと判明)
(いつから置かれていたかはわかりませんが、状態からしてその日に捨てられたことは間違い無いと思います。
その公園にはたくさんの人がいたので、何人もの人がこの子たちを見たと思いますが、誰も見なかったことにしたのでしょう。)
少し悩みましたが、悩んだって結論はわかっているので、家に持って帰ることにしました。
段ボールの箱を大事そうに抱える私を、すれ違う人は不思議そうに見ていました。

私は子猫をつれて先に帰り、妻は途中で子猫ミルクを買いに行きました。
帰ってから、とりあえず行きつけの病院に連れて行き、見てもらって育て方を教えてもらいました。
病院から帰って、ペットボトル湯たんぽをつくり、ミルクをあげました。
(この時まで子猫はよく動いていたので元気だと思っていましたが、後でよく鳴くようになって、初めてこの時弱っていたんだとわかりました。
先に湯たんぽや、ミルクをあげればよかったと反省。)

3匹はとりあえず、拾った場所と公園の名前をとって、泉(いずみ)、モリー、大和(やまと)と仮名。
初めはミルクをうまく飲みませんでしたが、妻が注射器で強引に飲ませて、とりあえず元気に育ち始めました。
(今は方乳ビンからぐびぐび飲んでいます。)

拾い猫2010-5-17_1
注射器で強引にミルクを飲ませる妻。生きるために飲むんだぁー。

二日後の様子を妻がイラストで説明します。

拾い猫イラスト

二日後の体重は、泉が200g、モーリーが150g、大和が100gとちょうど50gづつ差がついています。
特にやまとは、泉の半分しか無く、からだもかなり小さいので気になります。

結局大和君を助けることはできず、5月26日に死んでしまいました。
元気に育っていたので油断してしまいました。かわいそうなことをしてしまったと反省しています。
しかし、へこたれてはいられないです。
残りの2匹は元気に育ってもらわないといけません。
5月28日の時点で、
泉 340g、モーリー 270gまで育ちました。
なかなか開かなかったモーリーの片目もしっかり開きました。

心配は、2匹がちょっと猫かぜっぽいことです。
病院から、目薬と飲み薬をもらって、飲み薬はミルクに混ぜて飲ませています。
ちなみに、子猫たちはすっかり妻になついて、妻の声が聞こえるとピーピー鳴きだします。
さらに私のミルクの飲ませ方はお気に召さないらしく、私だとあまりミルクを飲みません。
そのため、いま子猫の世話はほとんど妻にお願いしています。

あと一か月ほどはばたばたが続きそうです。
一か月ほどしたら、里親を探そうと思います。
とってもかわいいので、いい飼い主が見つかることを期待しています。

子猫のアップの写真は次回載せたいと思います。
また先住猫たちの状況も報告したいです。

ランキングに参加しています。下のバナーをポチッと押してくれると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント

なんともひどい話ですね
へその緒がついたままの赤ちゃんを捨てていくなんて

大和ちゃんはかわいそうなことになってしまったんですね
泉ちゃんとモーリーちゃんが大和ちゃんの分までがんばって欲しいです

◎ちーちーくらぶオーナーさんへ
捨てた方も、死ぬとわかっていて捨てたと思います。
死んだ子猫の入った段ボールを見た人はとっても不快に、子どもだったらショックを受けるかもしれません。
こんな言い方は残酷かもしれませんが、こんな風に捨てるぐらいなら、自分たちで処分すべきです。他人に迷惑をかけないでほしい。
とは言うものの、この子たちはものすごく低い確率を生き抜いた運のいい子たちです。
このまま元気に育ってほしいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://catsfather.blog116.fc2.com/tb.php/62-2a54deed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ねこ父さん

Author:ねこ父さん
6匹のニャンズの父親です。毎日わがままなニャンズに振り回されています。最近父親から召使に降格している気がします。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

うちの子(猫)日誌1

うちの子(猫)日誌1

マイホームページ

マイホームページ ニャンコんち

necoのひとりごと

ねこのひとりごと

猫ママの絵日記

猫ママの絵日記

うちの子紹介

キジ
名前:キジ,性別:♀
年齢:5歳
(2006年11月29日永眠)
性格:寂しがりや、甘えん坊
クロ
名前:クロ,性別:♀
年齢:8歳
性格:気難しい、猫嫌い
タロウ
名前:タロウ,性別:♂
年齢:6歳
性格:甘えん坊
アトム
名前:アトム,性別:♂
年齢:6歳
性格:気が小さい
ミケ
名前:ミケ,性別:♀
年齢:4歳
性格:マイペース
テイル
名前:テイル,性別:♂
年齢:1歳
性格:かんしゃく持ち、勝気

 

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。