うちの子(猫)日誌2

6匹のニャンズとのドタバタな日常を紹介します。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンター アトム

アトム20080708

猛暑の中、秋は少しずつ近づいているようでセミやカナブンなどの昆虫を多く見かけるようになりました。
我が家の壁などにもセミが留まっているのを時々見かけます。
それを見て我が家の自称ハンター達がじっとしていられるわけがありません。
なんとか捕まえようとしますが、所詮のほほんと暮らしている家猫、簡単に捕まえることはできません。
彼らに仕留められるのは、蟷螂とかバッタとか動きの遅いものだけです。
その中で、的確にどんな獲物も一発で仕留める真のハンターが一匹。
それは、アトムです。


先日ニャンズを庭に出しているときに、「ガシッ」という激しい物音の後に「バタバタ、バタバタ」と言う羽音がしました。
何事?
と庭を見ると、アトムがセミを口に咥えてうれしそうにしていました。
そして、自慢そうにこっちに持ってこようとしています。
「やめてくれ~!」
家の中に入られたら大惨事になってしまいます。
慌てて窓をしめてアトムが入れないようにしました。
そのときのアトムの顔は、「どうして?」と言っているようで、ものすごく悲しい顔をしていました。
「アトムごめんね。やっぱ虫をもって入るのは勘弁して。」と心の中でアトムに言いました。
アトムはしばらく窓のところで、「入れて~」と訴えていましたが、そのうちまた庭の方に行ってセミをいたぶっていました。
(しばらくして興味が薄くなったとこでセミを取り上げて、セミには静かに成仏してもらいました。)

それから数日して、また庭で「ガサッ」と大きな音がしました。
「何事?」と思い庭を見ようとする間もなく、アトムが家に飛び込んできました。
口にはカナブンを咥えていました。
どうやら窓を閉められる前に、速攻で家に入ったようです。
(学習している。)
しばらくいたぶっていましたが、隙を見て取り上げてカナブンには逃げてもらいました。
(そう言えば、この前後にメスのカブトムシを庭でいたぶっていました。)

そして昨日の朝の5時ごろ、「来て~」と妻の叫び声で起こされました。
慌てて飛び起きて2階に行き、どうしたのか聞くと、
ベランダに出ていたアトムがセミを捕まえたそうです。
家の中に入ってこようとしたので網戸を閉めたそうですが、どうしていいか分からないので助けを求めたそうです。
話によると、セミが来たと思ったら瞬間に捕らえたとのこと。瞬殺です。
「すごい、そんなことができるのは我が家でアトム、君だけだよ」
なんて誉めてばかりもいられず、
セミがベランダで解体される前になんとか取り上げて、セミには家の外に行ってもらいました。

でもさすがアトム、我が家で一番運動神経が良いだけあります。
他の子には出来ない芸当です。
なんて誉めてばかりも入られません、アトムは獲物を捕まえると家の中に持って入りたがります。
これからまだしばらくの間は、虫がたくさんやってくる時期です。

気づいたら、居間にセミの羽と足が散らばっていた、なんてのはいやだなぁ。

ランキングに参加しています。下のバナーをポチッと押してくれると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

ほほー。
アトムくんは優秀なハンターなんですね。
きっと捕った獲物を見せて自慢したかったんでしょうね。

虫もカナブンやカブトムシならいいんですが、
うちでは黒い楕円形の虫にちょっかいを出しているときがあるので困ります(苦笑)

優秀なハンターも考えものですよね。
せっかくだから褒めてあげたいけど、次回もやられても困りますよね。
我が家はないのですが、友人はかつて自室に帰ってカーテンをめくったら、血まみれ鳥の羽まみれになっていたことがあったとか。。。

アトム君、すごいですね~
ほめてもらいたかったか、狩りの出来ないご主人様に獲物を持って来てあげたのか・・・(^^;
どっちにしろ家の中に虫は勘弁ですよね。
うちも真がハンターでリビングでカエルがピョンピョン、カマキリの足が落ちていた事も・・・(>_<)

◎ちーちーくらぶオーナーさんへ
今のところ黒い楕円形の虫にちょっかいを出したことは無いですが、ちょっかいを出しているところを想像するとちょっと怖いです。

◎にこまる★ママさんへ
たまに我が家の庭にもすずめが来るときがありますが、幸い?庭がとっても狭いので鳥を狙うスペースが無く、すぐに鳥に気づかれて逃げられています。その点だけは安心です。

◎すずさんへ
リビングに蟷螂の足、あまり想像したくないです。でもいつそうなるか分からない不安があります。

アトムくんは仕留めた獲物をお家の人に見せて誉めてもらいたいのかな?
家では先だって『ご』のバラバラの残骸が残されていました。

◎きょっぴいさんへ
顔がものすごく自慢げなので、きっと誉めてもらいたくて見せに来るのだろうと思います。
(でも勘弁)
まだ我が家では『ご』は捕獲されていませんが、『ご』をいたぶった口で舐められるのはいやだなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://catsfather.blog116.fc2.com/tb.php/16-90c908ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ねこ父さん

Author:ねこ父さん
6匹のニャンズの父親です。毎日わがままなニャンズに振り回されています。最近父親から召使に降格している気がします。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

うちの子(猫)日誌1

うちの子(猫)日誌1

マイホームページ

マイホームページ ニャンコんち

necoのひとりごと

ねこのひとりごと

猫ママの絵日記

猫ママの絵日記

うちの子紹介

キジ
名前:キジ,性別:♀
年齢:5歳
(2006年11月29日永眠)
性格:寂しがりや、甘えん坊
クロ
名前:クロ,性別:♀
年齢:8歳
性格:気難しい、猫嫌い
タロウ
名前:タロウ,性別:♂
年齢:6歳
性格:甘えん坊
アトム
名前:アトム,性別:♂
年齢:6歳
性格:気が小さい
ミケ
名前:ミケ,性別:♀
年齢:4歳
性格:マイペース
テイル
名前:テイル,性別:♂
年齢:1歳
性格:かんしゃく持ち、勝気

 

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。